fxにおける逆張りからの取り引きについて

sigotosagasi_Img

fx取り引きでは、さまざまなテクニカル指標などを見ていますと、一番高いところに来た時や一番底をうったところでエントリーするというのを結構好む方が多いことに気づかされます。
実はわたしも逆張りはかなり好きなタイプなのですが、初心者についてはやはり順張りで市場についていく方法をとったほうがどうやら間違いない利益を得ていくことができそうですし、最近の大きなトレンド相場の場合には素直にマーケットの動きについていくという発想も結構重要ではないかと考えています。
というのは、テクニカル的にレジスタンスであるとかサポートであるとか考えられるポイントと最近の相場の状況には結構乖離がうまれつつかり、テクニカルでは説明しきれないような動きを見せることが多いからです。
とくに円がからむ相場では迂闊に売りで入って踏み上げられるといったケースも多くなってきていることから、意外に順張りでオーソドックスにエントリーしたほうがきちんと利益を確保できることが増えているようにも思えます。
特に売りのトレンドを形成している通貨については、そのあたりのアプローチを十分に考えていく必要を感じます。
ただ、こうしたことはすべての通貨に均等に当てはまるものではありませんので、あくまで通貨ごとのトレンドを見据えた上で正確に判断していく必要があるのは事実です。
このあたりの判断については、やはり厳密のチャートを分析して一定の状況を掌握してはじめて動いていけるものですので、日ごろからトレンドを読む努力をしておく必要があることは言うまでもありません。


一方長期的に弱含みが予想される通貨については、戻り売りという形で参入していくのは大変有効な手法となります。
実際オーバーシュート気味の動きを見せてもかならず戻ってきますので、逆張りが有効に機能する瞬間がやってくるわけです。
おもしろいもので、こうした逆張りか順張りかといったものは、個人個人で結構好き嫌いがあるようで、性格的に逆張りが好きという方が少なからずいらっしゃるのはどうやら事実のようです。
したがってそういうタイプはきがつけば必ず逆張りからマーケットインしているといった一定の癖があるようですので、できることならばこうした先入観に茂度ついた売買ではなく状況にあわせてプレーンに判断して、順張りでも逆張りでも正確な状況に応じて対応できるようになりたいものです。
まあ個別のプレーヤーにこうした癖があるから面白いともいえるのですが、やはりオールラウンドプレーヤーとして利益を確実に収めていくためにはどちらかのバイアスがかからない取り引きができるようになるのが一番ではないかと思います。
まして初心者の場合には、かなり慣れてから逆張りを覚えていくと、より効果的に売買ができるようになるのではないかと思います。
為替の取り引きに性格がでるというのはなかなか面白いことですが、それをうまく活かしながら、しかも不得意な取り引き方法を無くして行くというのも重要なことになります。
こうしてみるとfx取り引きというのもなかなか奥の深いものであるとつくづく感じる次第で、極めるにまだまだ時間がかかりそうだということを思い知らされます。
失敗しないFXの方法というのがこちらで紹介されていました。
是非、参考にしてみてください。

CopyRight (c) FortunexLuck・・・ All Right Reservef