昨年11月からのアベノミクスでfx大儲け

sigotosagasi_Img

昨年11月以降総選挙が決まり、政権交代して以降円安が急激に進み、しかもほとんど下押ししないまま96円まで上がってきたおかげで大儲けすることができました。
とはいっても輸入自動車1台分ぐらいの話ですが、最初は疑心暗鬼でこのままあげるのかどうかと思っていましたが、年末の後半になってもそのまま上げ続けることがわかったため、fx業者も国内から海外、オーストラリアなどで1000倍のレバレッジを提供してくれる業者にも登録し、一部の資金を移動して運用しはじめています。
1000倍は厳密なロスカットが必要になりますし、どちらかといえばスキャルピングとして使っていますが、それでも一方的な上昇局面では1日で稼げる金額は大きくなり、利益を原資にしてまた再投資することができしたので2ヶ月ほどの短期間で輸入自動車1台分までこぎつけられたというわけです。
通常はかならずfxのようは相場は踊り場があったり下押しの局面があるのですが、今回は大相場といっていいのかもしれませんが、殆ど下押ししないままするするドル円ベースでは20円近く上昇していますので、儲かった人も多かったのではないかと思います。
とにかく上昇を信じて多少でも押すことがあれば買いで入り、一旦ピークとみたところで利益確定してまた入りなおすということを繰り返しました。
一方向に間違いなく動くということになるとfxのような投資はある意味非常に簡単であり、チャートでさらに上がりそうな時には買い増しをする形で利益を膨らませるようにしてきました。
おかげで大きな成果を得ることができた次第です。


むかしから押し目買いに押し目なしといいますが、今回のこの相場展開はまったくその通りの状態になっています。
特に昨年末まではあきらかにヘッジファンドが市場をひっぱる形で円を売っていましたので海外市場から円安が進んでいった印象があります。
それに個人投資家が続いてドル買いに走るようになりましたので一段と高くなってきているという感じです。
昨年まではユーロが主体で大きな下げを演じてきましたし、ドル円も一時75円まで円高の局面を迎えていましたので、明らかに流れが変わった感じですが、長く円高を見てきていますので、そろそろこのあたりで一休みかといった形で何度も売りから入りたくなりましたが、めったにない大相場ということで、今回は腹をくくり、順張りで対応することとルールを決めて下げれば買うという一辺倒で取り組んでみました。
今思いますとかなりはらはらものでしたが、とにかくしっかりストップロスを入れて立ち向かったという感じです。実際年明けの財政の崖の問題やイタリアの総選挙、キプロス問題など何回か大きく下押ししストップロスにひっかかることもありましたが底を拾うことで損失もカバーすることができて今日に至っています。
これから一番の悩みはどこが上限になるかということで、上げ一辺倒ということは絶対にありませんので天井の見極め方が非常に大きな問題だと思っています。
とにかく流れが変わったと思った時に即時に撤退することができるようにしておくのが重要だと思いながら取引を続けています。
かれこれ5年近くfxをやっていますたこうした相場に遭遇したのははじめてです。

CopyRight (c) FortunexLuck・・・ All Right Reservef